車買取と下取りを使い分けましょう

アナタが今の車を売却して、新しい車を購入する際は、下取りにするか車買取業者に売却するか、どちらにすべきか迷うと思います。

基本的には買取業者に買い取ってもらう方が売却額としては有利なのですが、場合によっては新しく車を購入するディーラーに下取ってもらった方が良い場合もあります。そこで「下取り」と「車買取業者」のどちらが今回のケースに適しているのかを考えてみます。

まず、車買取業者の場合、「オートオークション市場での価格」が基準になります。一方、下取りの場合は、様々な項目を考慮して作成された「下取り基本価格表」が目安となります。概ねオークション市場の方が、高めの相場になることが多いです。理由は、オークションは売買の流動性が高く、少々高めの値段が付いても、早めに売れることが多いからです。

ただ、場合によっては下取りの方が有利なケースもあります。それはは「値が付かない車」と「下取り対策金の有無」がポイントになります。まず、現在所有している車が、全くの不人気車であった場合、あるいは10年以上や10万Km以上走行した「低年式・過走行の車」というケース。これは買取業者でも値が付かないことがほとんどになります。しかし、下取りであれば、少しですが値が付く可能性が出てきます。それこそ自分で廃車にするのもコストがかかりますので、僅かでもお金がもらえるならおトクと考えることができます。

先の「下取り対策金」についてですが、仮にトヨタ社の車を新しく購入するとして、今の車を下取りに出すとします。しかし今の車はニッサン社製であるため、トヨタ社からすれば、競合会社の車を下取りすることになります。トヨタ社からすれば、競合会社から顧客を奪うことに成功したことになります。これは、競合会社から顧客を一人でも多く奪うため、乗り換えたお客様に対して謝礼の意味も含め、メーカーから下取り価格を上げる資金が支給されます。これを下取り対策金と呼んでおり、これにより買取業者で売却するより高く売却できる可能性が出てくるのです。したがって今の車を下取りに出す場合は、敢えて競合会社に持っていく、というテクニックを覚えておいてください。